初心者から地形派・フォト派、経験者までじっくりご案内。宮古島ダイビングサービス『サンアイランド』

HOME > エンリッチドエアとは

エンリッチドエアとは

ダイビングスタイルが変わる!
宮古島に上陸!安心・安全の次世代エア。エンリッチドエア
国内の各エリアではまだまだ普及はしてませんが、PADIでのSPコースで世界的にも取得者「NO.1」になっているのが『エンリッチドエア』SPコース。海外では『エンリッチドエア』でのダイビングが一般的になりつつあります。
宮古島のダイビングポイントは、最大水深25m前後の場所が多く、より楽しく・安全に宮古島のダイビングができるよう、サンアイランドでは、2012年4月よりエンリッチドエアの充填施設を併設し、常時エンリッチドエアを提供できるようしました。

サンアイランドでは常時 エンリッチドエア でのダイビングができます!
■ エンリッチドエア ¥500-/1本(エンリッチドエアSP資格者)
■ エンリッチドエアお試し ¥2.500-(エンリッチドエアタンク2本・レギュ・ダイブコンピューター)
※ダイビングフィーに上記料金が追加になります。

■ PADIエンリッチド・エア・ダイバーSP  ¥17.800
※別途eラーニング料金$225USが必要です。


チェック エンリッチドエアって一体なに?
酸素と窒素の混合ガスを総称して『ナイトロックス』と言われてます。実は空気もナイトロックスになります。『エンリッチドエア』とは、酸素の割合が22%を超えるナイトロックスを総称して呼び、レジャーダイビングでは22~40%未満のエンリッチドエアを使用します。




窒素の吸収が少ない!
エンリッチドエアでのダイビングをすると、空気に比べ身体に溶け込む窒素量が少ないため、いくつかの利点が得られます。
 ・ 減圧不要限界が延長される
 ・ 空気の減圧不要限界ギリギリでも、エンリッチドエアではまだ限界内
 ・ 反復潜水をすることにより、窒素の排出に効果がある


a.ダイビングのメリット
宮古島のポイントは、最大深度25m前後の場所が多く、窒素の吸収により減圧不要限界が短くなりますが、エンリッチドエアを使用することにより、減圧不要限界に、かなり余裕が生まれ『宮古島の特徴的な地形をじっくり見たり』『じっくり水中写真に専念できたり』と、空気に比べより楽しいダイビングを体験できます。

b.身体にやさしいメリット
空気に比べ酸素の割合が多いため、水中では『普段より疲れない』『ものがはっきり見える』『寒さを感じない』『呼吸がしやすい』など、ダイビング後は『頭が痛くならない』『すっきりしてる』『眠気がない』など、体感していただけることと、『減圧症のリスクが軽減できる』などがあります。



このような方にオススメ!
・ 疲れやすいビギナーダイバー
・ フォト派ダイバー
・ よりじっくりフィッシュウオッチングをしたいダイバー
・ ご年配ダイバー
・ 水深15m〜30mをより楽しみたいディープダイバー
・ 翌日、飛行機に乗られるダイバー



減圧不要限界で比較してみよう!
深度 空気(酸素21%)  EANx32(酸素32%) EANx36(酸素36%)
18m 56分 95分  125分
20m 45分 75分  95分
22m 37分 60分 70分
24m 29分 50分 60分

宮古島の地形ダイビング
宮古島の特徴は『起伏に富むダイナミックな地形』です。これらの地形ポイントは、最大深度が25m前後の所が多く、減圧不要限界が少ない為に『じっくり穴の造形美を眺めたり』『ゆっくり撮影したり』『生物を探したり』というダイビングができませんでしたが、エンリッチド・エアを使用すれば、左記の『魔王の宮殿』などの人気ポイントも、より長く・より安全に楽しむ ことができます。







エンリッチドエアの使用について
『エンリッチドSPコース」の受講が必要です。
エンリッチドエアでのダイビングは、以下の注意点があります。

a.酸素中毒
酸素濃度が高いという特質上、『酸素中毒』というトラブルを防ぐ為の注意が必要ですが、通常のダイビングで行う『減圧症』の予防と同じく、専用のダイブコンピューターで酸素の管理ができますので、危険を簡単に回避でき、安全にダイビングすることが可能です。

b.エンリッチドエアに使用するレギュレター
通常の圧縮空気にはある程度の炭化水素やコンプレッサーオイルの混入の恐れがあり、レギュレター内部に残留した可能性があるまま、エンリッチドエアの使用は、一部の物質が燃焼したり酸化作用で器材が劣化の可能性を早め作動不良を起こす原因になることがある為、当店では各器材メーカーの推奨する下記ガイドラインに従っております。


1.新品の製品又はエンリッチドエア対応のオーバーホールを施された製品
2.エンリッチド・エア・と空気を交互に使うことをメーカーが認めた製品

(Bism社全機種、 TUSA社一部機種、アトミック社全機種)となります。


※定期的な(1年に1度以上)メンテナンスが行われているものに限ります。
※エンリッチドエア対応レギュレター・ダイブコンピューターのレンタルをご用意しております。

エンリッチドエアを使うには

資格をお持ちの方はファンダイビングでお使いいただけます!
より楽しく・より安全に!エンリッチドエアで宮古島ダイビング
すでにエンリッチド・エア・ナイトロックスのスペシャルティをお持ちの方にはエンリッチド・エア・ナイトロックスでファンダイビングをお楽しみいただけます。お申し込みの際『エンリッチドエアを希望』の旨、お知らせください。受付時(申込書記入時)にCカードと一緒に、エンリッチドエアSPカードの提出もお願いたします。



必要な資格
エンリッチドエアSP資格

必要な器材
エンリッチド・エア・ナイトロックス対応のレギュレーターとダイブコンピューターが必要です
※お持ちでない方にはレンタルをご用意しております。
エンリッチドエア用器材レンタル
■ エンリッチドエア対応レギュレター ¥1.050-/1日
■ エンリッチドエア対応ダイブコンピューター ¥1.050-/1日

料金
エンリッチドエア ¥500-/1本
※ダイビングフィーに上記料金が追加になります。

資格がない方には、まずエンリッチドエアでのダイビング体験を!
まず使ってみよう!エンリッチドエアお試し
エンリッチドエアSPをお持ちでない方で『どんな感じか使ってみたい』方の為のエンリッチドエア体験プログラムを常時開催中です。簡易的なオリエンテーションを受け、そのままファンダイビングでお使いいただけます。




必要な資格
Cカード取得者であればどなたでもOK

料金
エンリッチドエアお試し ¥2.500-
【料金に含まれるもの】
エンリッチドエアタンク2本・エンリッチドエア対応レギュレター/ダイブコンピューター
※ダイビングフィーに上記料金が追加になります。

エンリッチドエアの良さは分かった。講習に参加したい!
しっかり学ぼう!エンリッチドエアSPコース当店ではWebで学科を受講し、現地1日2ダイブの実習でエンリッチドエアの資格整備ができる、PADIエンリッチドエアSPコースを常時開催しております。このコースでは、エンリッチドエアを使ったダイビングを習得。エンリッチド・エアがどのようなときに有効的であるかという判断ができるようになります。
特に、水深の幅が15~30m宮古島のダイビングに向いています。ダイナミックな地形を見たり、じっくりと水中生物を観察したり、水中写真を撮りたいダイバーにはうってつけのコースです。

PADI エンリッチドエアSPコースのページへ

関連事項
宮古島ファンダイビング
Cカード保持者向け宮古島ダイビングツアー。サンアイランドのファンダイビングの特徴などご案内しています。

PADIエンリッチドエアSPコース
eラーニングで学科を終了し、宮古島についた日からエンリッチドエアを使ったダイビング。
AIRに比べ減圧不要限界の延長と身体に負担がかからないエンリッチドエアのコースについてご案内してます。

PADI eラーニングについて
好きな場所や時間、Webで学科ができるeラーニングのご紹介

・ ご利用案内
申し込む前に確認!
キャンセルポリシーをはじめ、サンアイランドのツアー参加前にご確認事項などご案内しています。

・ 料金について
サンアイランドが開催するツアー料金を一覧表でご案内しています。

お申し込みお申し込みお問い合わせお問い合わせ

電話受付 9:00~18:00

サンアイランドfacebookサンアイランドfacebook
宮古島のダイビング情報、サンアイランドの
ことなどスタッフがタイムリーにお知らせ!

よくある質問と答え。ダイビングのあれこれ・・・気になることをチェック!よくある質問と答え。ダイビングのあれこれ・・・気になることをチェック!

りんご日記りんご日記
青森県産りんごの笑いと涙のボキャブラリー
さぁ、あなたもりんごワールドへ!

さぁはじめよう!PADI eラーニングさぁはじめよう!PADI eラーニング
Cカード取得コース(PADIオープンウォーター
コース)PADIエンリッチドエアSPコースの学科
は好きな場所と時間ででWebで受講できる
eラーニングではじめよう!