About

水中も空気もひんやり

900本 記念ダイブ

笑顔お届け

こんにちは、スタッフのみきです。

台風前の、あのコンディションが恋しい~。風も弱く日差しも十分の中、連日季節外れの下地島エリアへ通い、これぞ宮古島!な景色をお楽しみ頂いていましたが台風を境に天気がパッとしません。

小雨が降り続いたり、急なスコールがあったり、本格的な夏が始まったと思いきやまるで梅雨?が戻ってきたよう。台風でかき混ぜられた海水温がやや下がって26℃前後。最低気温も26℃。

と、水中も空気もひんやりしています。

ある意味良い避暑地に・・

 

 

昨日も今日も、出港って時に限って雨が降り出しひどい時は船を走らす先が真っ白に見えなくなるほど(;_;)

だけど、それでも水中に入ってしまえば関係なく楽しめちゃうからダイビングっていいですねー。

 

調子の良い透明度を味方につけ、リピーターKさんの900本記念ダイブもあり🎊の、3ダイブを楽しんできました。

以前移住されていたリピーターFさんもご友人を連れて直行便で到着後に合流。久しぶりの宮古島へ、おかえりなさいです^^

 

では、今日の海ネタ。

1本目は『サバ沖アウトリーフ』

見て下さいこのサンゴの数!

サイズはまだまだ15センチ前後と小さめですが、この数。成長していくこれから5年後10年後の景色が楽しみでたまりません。

 

宮古島の北側にある珊瑚の大陸、八重干瀬まで行かなくてもいいんじゃ?なんて(笑)

 

サバ沖アウトリーフ

 

水族館の水槽並に、魚の数も沢山!

 

 

2本目は『沈船』

初宮古島のOさん念願の『沈船』、やってきました♪

船内に侵入し散策、写真撮影、フィッシュウォッチングをしているとあっという間のダイブタイム。

 

沈船

 

埋め尽くすようにいたスカシテンジクダイ、キンメモドキ、ウスモモテンジクダイの数はすっかり減っちゃったけど。『沈船』にしては珍しく、透明度が良かったです。

 

 

3本目は『ツインホール』

今、ホール内水面付近には銀河のようにハタンポが漂い、そこは小宇宙。

2ヶ月前は2センチ弱の子たちでしたが、ひとまわりもふたまわりも大きくなり、群として見応えありますよ。

 

ツインホール

 

 

本日の海況・ダイビングポイント

天候:雨/曇り

気温:26度 水温:26度

風向:南西 波の高さ:2,5m

<1ダイブ目:サバ沖アウトリーフ>

<2ダイブ目:沈船>

<3ダイブ目:ツインホール>

宮古島ダイビングなら少人数制ツアーのPADI登録店サンアイランドへ

サンアイランド公式Instagram

サンアイランド公式Facebook

 

\ 各種キャンペーン情報!!! /

GO TO DIVE キャンペーン

エンリッチドエア・コース キャンペーン

詳細はこちらをご確認下さい。

 

投稿者:みき

関連記事

通り池

これぞ地形の宮古島ダイビング

こんにちは! 竹内です。 さて、昨日(9月26日)ファンダイビングで『...

記事を読む

魔王の宮殿

地形ダイビングを楽しむ!

こんばんは! 竹内です。 9月前半の連休は台風接近でダイビングツアーが...

記事を読む

中の島チャネル

3日振りの下地島ダイビング

こんばんは! 竹内です。 ようやく台風14号の影響がなくなり、風向は北...

記事を読む

なるほどザ・ケーブ

台風12号通過後ダイビング行ってきましたー!

こんにちは! 竹内です。 昨日船を下架し、本日5日ぶりにダイビングへ行...

記事を読む

ミナミハタンポ

台風11号通過後、ダイビングツアー開催

こんばんは! 竹内です。 お待ちにまったダイビングツアーの再開ですよー...

記事を読む

新着記事

通り池

これぞ地形の宮古島ダイビング

こんにちは! 竹内です。 さて、昨日(9月26日)ファンダイビングで『...

記事を読む

魔王の宮殿

地形ダイビングを楽しむ!

こんばんは! 竹内です。 9月前半の連休は台風接近でダイビングツアーが...

記事を読む

中の島チャネル

3日振りの下地島ダイビング

こんばんは! 竹内です。 ようやく台風14号の影響がなくなり、風向は北...

記事を読む

今日のゲストダイバーさん

南岸ダイビング第二弾

こんばんは! 竹内です。 今期最強の勢力で九州地方に上陸した台風14号...

記事を読む

宮古島南岸エリアの地形

西からのうねりをさけて

こんばんは! 竹内です。 昨日から北西~西風が吹き荒れ、水面はバシャバ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


PAGE TOP ↑