About

宮古島ダイビング通信:リピーターDAY

今日のお客様

朝から穏やかに晴れ渡り、この時期としては珍しく南から心地よい風が吹き抜ける宮古島。

気温もグングン25℃まで上がり、初夏を思わせるかのような絶好のダイビングびよりとなりました。

『青いそら』『ポカポカの太陽』『スコーンっと、視界良好な透明度』って

やっぱりダイビングには重要な要素ですね。

改めて実感。

こんばんは、竹内です。

今日は、リピーターのみなさんと一緒に伊良部島へボートファンダイビングへ行ってきました。

『地形好き』もいらっしゃれば『ウミウシ好き』の方もいらっしゃったりと

ワイドからマクロまでじっくり・まったり遊んできました。

波もないこんな日は、ポイント周辺で水面でマンタがプランクトンを捕食しているシーンをよく見かけます。

今日は、マンタにも出会えるかな!?

と、やや期待をしたものの

プランクトンなど浮遊物が少なく透明度もよいため現れる雰囲気がまったくありませんでした(爆

石垣島のマンタポイントのようなクリーニングステーションがあれば、マンタは現れるのでしょうが

宮古島のダイビングポイントは、そのような場所がなく水面で捕食中か、水中を移動しているかの

どちらかしかありません。

常に回遊してるマンタに出会うことは、容易ではありません。

ただ、この時期宮古島近海には集まってきているので、コンディションが合えば出会えるので

これから春先までは、目がはなせません。

何が起こるか分からないのが、ダイビングの醍醐味ですから・・・

 

 

では、今日の海情報

天候:晴れ 気温:24℃ 水温:25.6℃ 風向:南東 波 :2m    透明度:25m

<1本目:ダブルアーチ>

<2本目:L字アーチ>

<3本目:オーバーハング>

 

 

1本目は、伊良部島を代表する地形と小物がたくさん見られる人気ポイント『ダブルアーチ』へ。

太陽光がサンサンと射し込み、透明度以上に水中は明るく感じます。

ここのメインの2つのアーチ、どちらも穴から太陽光が見え明暗のコントラストはとってもキレイ!!

最大深度16mほどなので、初心者の方やブランクがある方も安心して宮古島ならではの

地形ダイビングを楽しむことができますし、目に付くチョウチョウウオ科・スズメダイ科の魚をはじめ

ダイバーに人気のハタタテハゼやモンガラカワハギなども見れてしまうんです。

そして、マクロ派・フォト派も退屈はさせないのが『ダブルアーチ』のすごいところ。

宮古島在住のイドさんが見つけたのが、この子。

ヒオドシユビウミウシ

『ヒオドシユビウミウシ』です。

このウミウシ、実は泳ぐのが上手なんです。

『えぇ、ウミウシが泳ぐの~!?』と、思われる方もいらっしゃるかと思いますが

種類によっては、ウミウシは中層を泳ぐのもいるんです。

この『ヒオドシユビウミウシ』宮古島ではあまり見かけない珍しいウミウシなんです。

そして、こちらでもまたウミウシを発見!!

ジュッテンウミウシ

カイメンにへばりついていたのが『ジュッテンイロウミウシ』

ウミウシは、雑食性なので、藻やカイメン・ヒドロ虫など、いろんなものを捕食するので

ウミウシを見つけるコツは、そのような捕食対象がいる環境をじっくり探すと見つけられますよ。

ウミウシ好きのFちゃん・Iさんも夢中にデジタルカメラで撮影に必死でした。

ウミウシ以外にも、こんな子と出会いました。

ロボコンの名称で呼ばれている『アナモリチュコシオリエビ』です。

ロボコン

目玉がクリクリっとしてて、可愛いですねー。

全身を覆ううぶげが、ライトとあてるとやや緑色に見えるんですよ。

小さい生物をじっくり観察すると、いろんな発見があるのがマクロダイブの醍醐味。

 

 

1本目は、地形はもちろんですが、どちらかというとマクロダイブになってしまったので

2本目は、ダイナミックな地形を楽しめる『L字アーチ』へ。

L字アーチ

アーチの下には、ロウニンアジやバラフエダイの群れがおり、近づいて写真を撮ろうとした矢先

あっという間に沖へ逃げちゃいましたー(涙

魚は逃げられても地形は逃げないので、一安心。

大きな穴の開口部から見える『青さ』がキレイでしたよー。

 

 

3本目は、浅瀬でのんびりフィッシュウオチングを楽しめる『オーバーハング』へ。

メインのオーバーハングの棚の上には、金魚のようなオレンジ色の身体が映えるアカネハナゴイがいっぱい!

アカネハナゴイ

この時期、タイミングがいいと水深10mほどの棚の上をマンタが泳いでくることがあるので

注意をしながら見てましたが、現れてくれませんでした(涙

大物は外しますが、小物は隠れ家を探すといてくれるから安心です。

サンゴモドキの隙間を見ると、サンゴモエビが顔をのぞかせてました。

サンゴモエビ

ダイナミックな地形をはじめ、じっくりマクロも楽しめちゃうところが、宮古島ダイビング。

今日も3ダイブ、楽しかったー(笑

 

 

 

 

投稿者:たけ

 

 

関連記事

フィッシュウオッチング

久しぶりの宮古島ダイビング

全国的に晴れ間が広がり絶好の行楽シーズンのGWのようですが、沖縄地方は...

記事を読む

沈船ダイビング

水温急上昇

こんばんは! 竹内です。 いよいよ明日からGWのはじまりですねー。 晴...

記事を読む

no image

台風の影響

こんにちは、スタッフのノアです。 発生した台風の影響により午前中は北風...

記事を読む

クロスホール

日差したっぷり

こんばんは! 竹内です。 本日の宮古島の天気、午前中こそ曇ってましたが...

記事を読む

濃霧

皆さんこんにちは、スタッフのノアです! 今日は朝、出勤するときから霧が...

記事を読む

新着記事

ハマクマノミ

皆さん一度ご確認ください。

こんばんは! 竹内です。 沖縄地方梅雨の真っ只中、毎日雨ばかりで憂鬱の...

記事を読む

アントニガウディ

梅雨時期のコンディションに翻弄されてます

こんばんは! 竹内です。 ゴールデンウォークが終わり、しばし落ち着いて...

記事を読む

VS コバンザメ

こんにちは、スタッフのノアです。 GWも終わり、ゲストの数も一気に落ち...

記事を読む

宮古島三大地形スポット『通り池」

ポイント貸切

あっという間に上期の繁忙期ゴールデンウィークが終わり少しずつ落ち着きを...

記事を読む

沈船ダイビング

ゴールデンウィークご利用皆様、有難うございました(^^)

こんばんは~!! 竹内です。 日々のブログ更新が滞りすみません(汗 ダ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


  • 2022年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑