About

地形だけじゃない!宮古島ビーチダイビングの魅力

 

宮古島ダイビングと言えば、ケーブ・ホール・アーチ等のバリエーション豊富なダイナミックな地形ダイビングが有名で、それを目当てでいらっしゃるゲストの方がほとんどです。しかしそれらは通常全てボートメニューでのみ楽しめるダイビングポイント。

じゃあ、宮古島でビーチダイビングってないの?

あります!

今回の海コラムでは、宮古島のビーチダイビングについて詳しくお話させていただきます。私も大好きな宮古島のビーチだからこそ、ベテランダイバーからビギナーダイバーの方まで幅広いダイバーに向け自信を持ってオススメ出来ますし、地形が有名な宮古島でもあえてビーチダイビングを推します!宮古島ダイビングの魅力は地形だけじゃないんですよ~。

 

ビーチポイントの紹介

宮古島・伊良部島・下地島・来間島・池間島には、あまり知られない無名のビーチから観光誌にもよく取り上げられている人気ビーチまで数多くのビーチがあります。

その中でもダイビングでよく使うビーチに絞ると

・来間ビーチ

・シギラビーチ

・わいわいビーチ

・インギャーマリンガーデン

と、このあたり。

その日によって、南寄りの風が吹く日は『来間ビーチ』北寄りの風が吹く日は『シギラビーチ』『わいわいビーチ』『インギャーマリンガーデン』へ。といったように風向きや潮等のコンディションや、ファンダイビング・体験ダイビング・講習等の行うメニューによって使うビーチを選択しご案内します。

各ビーチにそれぞれ特色はありますが、どのビーチも基本的なロケーションは同じで、大きな波が入ることのない穏やかな湾内に位置しています。岸から沖に向かって緩やかな傾斜になっている水底は砂地で、足がつく深度から最大水深は5m程にサンゴの根がいくつかあり、水中を少し覗いただけでもサンゴを住居とするカラフルな魚たちで溢れています。

 

ビーチ

 

ビーチダイビングをオススメする理由

1,安心の深度

ボートダイビングとの大きな違いは、深度が浅いこと、急な深度変化が無いこと。

圧平衡や浮力調節に自信のないビギナーダイバー・ブランクダイバーの方でもチェックダイブやリフレッシュダイビングを兼ねて、もちろん初めてダイビングに挑戦する体験ダイビングの方も沖縄らしい水中世界をストレスフリーに安心して楽しんでいただけます。

浅いからこそ、ダイブタイムやNDL(減圧不要限界)にも余裕を持って潜れるため、魚の表情や細かい行動等じっくり思う存分観察できます。そうすると、いつもは気づかなかった新たな発見や貴重なシーンに遭遇する機会も増えるでしょうし、自分の納得のいく写真が撮れるまで粘ることも出来ちゃいます。

 

2,楽なエントリー・エキジット

ビーチダイビングと聞くと、重たい器材を背負ったまま足場の悪い浜辺を長い距離歩いてエントリーまでで一苦労。エキジットの際も同じく、少し億劫になってしまうイメージをお持ちの方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが宮古島のほとんどのビーチはそんなイメージとは裏腹、車を降りて器材セッティング場所からエントリー・エキジット口までが短いというのも素敵な特徴のひとつ。すごく楽なんです!

 

3,場面に合わせて

当日のダイビング以外の予定や飛行機の到着時間に合わせて、午前中のみ・午後のみ、1dive・2diveと、参加する時間帯を選択していただけます。

昼間とは違う水中世界・生物・生態を知ることの出来る、サンセットダイビングやナイトダイビングを開催することも可能です。

 

4,多彩な生物

砂地・サンゴ・アマモ場・ガレ場と環境が様々なので定番のカクレクマノミやトロピカルなスズメダイ科・チョウチョウウオ科の魚をはじめ、ギンガハゼ・ニシキテグリ・オオウミウマ・ヘコアユ等、中にはボートポイントでは見られない生物も数多く根付いています。

 

ギンガハゼ

 

更に季節や時間帯によっては、ニシキテグリの産卵・サンゴの産卵・デバスズメダイの産卵、イワシの群れにそれを捕食するカスミアジがアタックするシーン等のネイチャーシーンも。カメやコブシメ、ロウニンアジが入ってくることもあり、毎回思いがけない出会いやシーンに遭遇出来る、ミラクルビーチ!

 

今、まさに真っ最中なのが「ニシキテグリの産卵」

早ければゴールデンウイーク明けから9月頃までの間、日が沈む頃行われるニシキテグリの産卵行動はとても美しく、現地ガイドの我々にとっても1年に1度のビックイベント。そんな思わず夢中になってしまうニシキテグリについては次回の海コラム、今回とは別枠でまた詳しくお話させてください。

 

ニシキテグリ

 

さて最後に、そんな素晴らしいビーチだからこそ守っていただきたいことがあります。

と言ってもこれはビーチダイビングに限ったことではなく全てのダイビングに共通することです。

ダイビングというのは水中動生物のお家に入って、大事なシーンに立ち会わせることもあるわけですし、これから先も沢山の生物たちに長く居着いてもらえるためにもそれらの環境をダイバーが壊すような事があってはいけません。

そのため、当たり前の事ではありますが下記の項目に注意してダイビングして頂くことが環境を守ることに繋がります。

 

・ゲージ類をまとめる

・中性浮力と流線型の姿勢を維持する

・着底する際、水底を確認する

 

写真を撮ることや楽しむことよりもまず第一に、環境への配慮のご協力を宜しくお願いします。

 

宮古島ダイビングなら少人数ツアーのPADI登録店サンアイランドへ

投稿者:みき

関連記事

沈船

この夏は、宮古島でレックダイビング

  地形がウリの宮古島で、宮古島と言ったら沈船!とはならない...

記事を読む

スーツ

保護スーツの選び方

ダイビング旅行を計画し準備をする際に気になる現地で使用する保護スーツ。...

記事を読む

ホソカマスの群れ

宮古島ダイビングの魅力は地形以外にも

  当店にお越しになられた宮古島ダイビング初めての方によくこ...

記事を読む

ダイブプロフィール

減圧症のリスクを減らすダイビング

大物、小物、群れ、サンゴ、地形、あれこれ楽しいダイビングですがそこには...

記事を読む

サイドマウントダイビング

サイドマウントダイビングとは

ダイビングでは、シリンダーを保持することを『マウント』と言います。 身...

記事を読む

新着記事

休憩中の様子

まだ梅雨明けしません

(画像提供:Hさん)   数日前から梅雨明けカウントダウンな...

記事を読む

Mさん300ダイブ記念

Mさん300ダイブ

いやぁ~、この数日ムシムシ加減が半端じゃない!! きっと湿度90%以上...

記事を読む

キンメモドキの群れ

夏よ早くこい!!

昨日は、夏を思わせる青空とギラギラ太陽の下でのダイビングで、皆さんのテ...

記事を読む

マリンレイク

大荒れはどこへ?

  こんにちは、スタッフのみきです。 1年で最も湿度が高くな...

記事を読む

沈船

この夏は、宮古島でレックダイビング

  地形がウリの宮古島で、宮古島と言ったら沈船!とはならない...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


PAGE TOP ↑