About

宮古島ダイビング通信:マンツーマンダイブ

Tさん、エンリッチドエア

blog-otodoke

昨日から張り出している中国大陸に中心を持つ高気圧の縁にあたる宮古島。

その影響で今日も風が強く、どんよりとした霞がかかったような空でした。

これから冬になると、本州では真っ青なそらが広がる晴天の日が続きますが

沖縄は、今回みたいな高気圧の縁や気圧の谷、前線停滞など、一年の中で一番晴れる日が少なくなります。

本州より気温はあるものの、北風が10m/s前後吹き、ダイビングを終えた濡れた身体には肌寒さを感じます。

宮古島ダイビングは、すべてのダイビングが終了するまで(3ボートダイブ/1日)帰港しませんので

その間の防寒対策は必須ですよ。

11月いっぱいは、風を通さないボートコートやウインドブレーカー類があれば十分だと思いますが

12月に入ると、気温が20℃を下回りかなり肌寒さを感じるので、フリースや厚手の長袖に

ボートコートなどの上着を着られると快適に船上でお過ごしいただけます。

気温も水温も下がるこれからの時期、潜るのは寒いですが、海の中はコンスタントに透明度25mオーバー

宮古島の地形の代表ポイント『通り池』『魔王の宮殿』『アントニオガウディ』など、数多く点在する

下地島周辺のダイビングポイントがメインになり、地形派ダイバーにはおすすめ!!

ポイント移動中にマンタが水面でプランクトンを捕食してるシーンを目撃し、マンタシュノーケルをしたり

ウミウシが数多く見られるので、じっくりマクロダイブも楽しいですよー(笑

ぜひぜひ、宮古島に遊びにいらしてくださいね♪

こんばんは、竹内です。

今日は、リピーターTさんとマンツーマンでボートファンダイビングで下地島のポイントをご案内。

Tさん、学科をWebで終了され実習をファンダイビングをしながら取得できる

PADIエンリッチドエアSPコースにご参加いただきました。

エンリッチドエアを使用する前に、使用する方が酸素測定器を使い使うエンリッチドエアタンクの

酸素測定を行い、酸素の分圧をダイブコンピューターに設定し最大深度を確認して潜ります。

よく『エンリッチドエアでは、深い所へは潜れないんでしょ?』と言われますが、そんあことはないんです。

潜るポイントの最大深度に応じて、酸素の割合を変えることによりエンリッチドエアを使用して

レジャーダイバーの最大深度40mまで潜ることはできるんです。

AIRでは2ダイブ目・3ダイブ目の反復潜水では、水深20m前後の減圧不要限界はかなり制限がかかり

あまり長くいることはできませんが、エンリッチドエアを使うとその深度でも十分余裕がある

減圧不要限界で潜ることができるんです。

じっくり写真を撮ったり、宮古島のメインの地形を楽しんだりと、目的に応じ潜り方の幅が広がるのが

エンリッチドエアを使ったダイビングのメリット。

サンアイランドでは、Webで好きな時間・場所で学科を行う『eラーニング』で知識習得をして

宮古島では、ファンダイビングをしながらすぐにエンリッチドエアの実習ができるので

現地で学科をする時間などなく、すぐにエンリッチドエアを使用できるのがいいですね。

ご興味がある方は、お気軽にお問合せください。

 

 

では、今日の海情報

天候:曇り 気温:23℃ 水温:25.3℃ 風向:北 波 :3m    透明度:15m

<1本目:女王の部屋>

<2本目:ツインケーブ>

 

1本目は『女王の部屋』で地形とレアなあの子に会いに行ってきました。

宮古島の代表ポイント『アントニオガウディ』と雰囲気が異なるホールがメインスポット。

5つの穴から見える海の青さ、今日もキレイでしたよー。

そして、沖縄では珍しい生物がこの子。

ニチリンダテハゼ

ニチリンダテハゼです。今回は正面から1ショット。

今日は機嫌がいいのか、背鰭を終始ぴぃーんとたててカッコよかったですよー。

じっくりにらめっこすることもできたしね(笑

穴の壁面には、ライトをあたるとこんなにもキレイな色味のハナゴンベがいました。

ハナゴンベ

鮮やかな色合いで、しかもあまり動かないので、デジタルカメラの被写体としておすすめ!

若干、薄暗い所に生息しているので、プログラムオートで撮影する場合、ピントが合いづらいので

ライトを被写体をあてると、ピントが合いやすいです。

地形と生物も充実してるこのポイント、今一押しおすすめポイントです!!

 

 

 

2本目は『ツインケーブ』

ツインケーブ

ここのトンネルもキレイな景色。

ハタンポやアカマツカサが群れ、穴と魚のシルエットが見応え十分。

トンネル探検を楽しんだ後は、フィッシュウオチング♪

Tさんとクマノミ

棚の上にはチョウチョウウオ科・スズメダイ科のカラフルな魚をはじめ、20cmほどの大きさの

ノコギリダイの群れやクマノミと遊んできましたー(笑

 

 

 

 

投稿者:たけ

 

 

関連記事

ミナミハタンポ

台風11号通過後、ダイビングツアー開催

こんばんは! 竹内です。 お待ちにまったダイビングツアーの再開ですよー...

記事を読む

中の島チャネル

台風前の穏やかな日

こんばんは! 竹内です。 日本の南海上がここにいて一気にざわついてます...

記事を読む

Iさん 水中スクーター持参でのダイビング

サイドマウント プラスα

こんばんは! 竹内です。 本日は、ボート体験ダイビングにご参加のSさん...

記事を読む

なるほどザ・ケーブ

不安定な天気のなか

こんばんは! 竹内です。 日本の南海上から北上してくる台風と、沖縄近海...

記事を読む

Zアーチ

流れてますよー

春先から夏にかけて日中の干満差が大きいと短時間でそれだけ水が動くので、...

記事を読む

新着記事

サンゴが広がる中の島ビーチ

イキイキとしたサンゴの海

こんばんは! 竹内です。 昨日お昼過ぎまでは風も波もなく気温27℃まで...

記事を読む

イソバナ

衣替えしました

こんばんは! 竹内です。 一昨日の昨日は、高気圧の張り出しに伴い波が高...

記事を読む

パラオハマサンゴ

夏場のポイントを潜り倒す!

こんばんは! 竹内です。 季節外れのこのアツさ。11月も既に終わりかけ...

記事を読む

アカネハナゴイの群れ

久しぶりのダイビング

こんばんは! 竹内です。 昨日に引き続き気温28℃まで上がり日差したっ...

記事を読む

魔女の部屋

11月下旬なのに

こんばんは! 竹内です。 今季秋は例年に比べ『暖かい』 これは、気温・...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

  • 2022年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑