About

ウエット?ドライ?何が違うの?

こんにちは、スタッフのノアです。

今回はウエットスーツ?ドライスーツ?なにが違うのかをゲストの皆さんからよくご質問いただくので、二つの違いについてご紹介していきます!!

 

簡単に大きく違いをわけると「濡れるか濡れないか」「保温の仕方」「着る季節」なんですけど、少し細かくメリットやデメリットなんかも紹介します。

 

 


ウエットスーツ


まず、ダイビングをする皆さまなら一度は着用したことあるであろうウエットスーツから!!

夏場のダイビングなら暑いくらいですよね~。

皆さん何気なくいつもウエットスーツを使われているかと思いますが、どのように身体を保温しているかご存知ですか??

実はスーツの中にあえて水を入れて、スーツと身体の隙間の水を体温で温める、、、

今度はその温まった水が私たちの身体を保温してくれるという仕組みになっています。

生地にも保温性能はあるけれど、その保温性能だけを使っているわけではないんですよ~。

自分のウエットスーツをオーダーで作ると、身体にフィットして中の保温された水を逃がすことなくより一層保温性を高めることができます。

 

◎メリット

・手入れが容易

ダイビング後のウエットスーツ、皆さんしっかりお手入れしているでしょうか?

ショップではレンタルで貸し出したウエットスーツは返却後、桶に水を貯めて皆さんがもご家庭で使われているような洗濯用洗剤を入れて丁寧に洗っています。

目視ではなかなか見えない汗などの汚れで結構汚れていたりするんですよ~。

その後は、しっかり乾かしてあげます。この時ハンガーの向きを気にしないと形が少し崩れてしまったりしてしまいます。

毎回するにしても、このくらいのお手入れなら簡単にできますよね。

 

・運動機能性が高い

ウエットスーツには、厚さや形が色々あるのですが厚さが薄ければ薄いほど運動機能性が高くなります。

ウエイト量も減って動きやすいですよね~

 

◎デメリット

・水温が低すぎると使用できない

宮古島のダイビングでは水温が一番下がる時期でもだいたい20℃前後くらいです。

ウエットスーツとフードベストなんかを着用していれば全然水中でもへっちゃらですが、本州の方ではそうはいかず、、、、

私、こっちに来る前は和歌山で潜ったりしていたんですけど、冬場の和歌山でウエットスーツなんかで潜ると頭がかち割れちゃいますよ(笑)

本州で潜ったりする方ならわかってもらえるはず、、、

 


ドライスーツ


次はあまり馴染みのない方もいるかもしれないドライスーツのご紹介!!

年中を通して暖かい宮古島では関係ないでしょ、、、と思った方もいるかもしれませんが、冬場は現地スタッフも基本的にドライスーツ着用です(笑)

 

ウエットスーツでは「水をあえて入れてその水で保温する」とご紹介しましたが、ドライスーツは胸元の吸気バルブからシリンダーの中の空気をスーツの中に入れて、その空気を体温で温めて今度はその空気が私たちの身体を温めてくれる仕組みになっています。

「ほんまに水入ってこーへんのかな~」って私も一番初めは少し不安でした(笑)

手首、首部分はスキン生地という伸縮性と密着性の高い生地で水の浸入を防ぐようになっており、足元はブーツとスーツが一体になっている、、、というような仕組みになっています。

 

◎メリット

・濡れない

シンプルにやっぱりこれが一番のメリットだと私は思います(笑)

宮古島の冬場は水温より陸の気温がだいたい16℃前後で冷たくなっています。そのようなときに、身体が濡れていないか濡れているのかでは身体の負担的にも気持ち的にも中々変わってくるかと思います。

水面休息中に身体が冷えちゃう心配もドライスーツを着ていれば大丈夫です!

 

・季節を問わず活用できる

だいたいのドライスーツは中に着用するインナーを変えれば、年中使用することができます。

本州の方だと、期間だけ考えればウエットスーツよりもドライスーツを着用している方が長いのではないでしょうか。

私は暑がりなので、真夏にドライスーツは船上が厳しいですけど、、、(笑)

 

◎デメリット

・浮力コントロールがとりずらい

何回かトレーニングをすると問題はないかと思いますが、使い始めは難しいかもしれません。

中に水が入らないようになっているので、空気を足してあげないと水圧できつくなってきたり、逆にしっかり抜かないと潜降できなかったり、着用しているインナーによってウエイト量を調節したり、浮上の際に中の空気を抜き忘れてしまったり、、、

ウエットスーツで潜っているときとプラスでしないといけないことがいくつか増えちゃいますが、どれも落ち着いて行動すれば、そう難しいものでもありません。

 

・高価

ウエットスーツと比べると少し価格はお高め、、、

ですが、私はそれほどの金額をだしてでも購入したいものだと個人的には思いました。

やっぱり大好きなダイビングが「水中が寒い!!」なんていう理由でストレスになったりするのは嫌なので(笑)

ただやはり安いものではないので、ウエットスーツもそうですが、購入される際は信用できるショップでご自身にあったものを購入されることをオススメします。

 

 

以上、ウエットスーツとドライスーツの違いの海コラムでしたが、皆さんわかっていただけたでしょうか?

ちなみに私は動きやすいウエットスーツが好きですが、他のスタッフは濡れないドライスーツが好きだったり、好みは個人差があるものです。

今回はウエットスーツとドライスーツの違いでしたが、他にもいろいろな形なんかがありますので、皆さんのお気に入りのものがみつかりますように~!!

では、また!

 

 

投稿者:ノア

 

2021/05/31 | うみコラム 

関連記事

海コラム オクトパス バックアップ空気源

予備の呼吸器は右側?左側?

こんにちは、スタッフのみきです。 今回は器材についての海コラムです。 ...

記事を読む

海コラム ガス管理 残圧計

控えめなダイビングに必要なガス管理とは

こんにちは、スタッフのみきです。 今回はご自身のガス管理についての海コ...

記事を読む

圧力の影響を受ける耳の内部の様子

圧平衡の概念と方法

こんにちは、ノアです! 今回は海コラム!「スクイズ、圧平衡の概念と方法...

記事を読む

オススメのフィンは??

こんにちは、スタッフのノアです!! 今回の海コラムはそれぞれのフィンの...

記事を読む

新着記事

スタッフトレーニング

こんばんは! 竹内です。 毎日強烈な日差しでスタッフみんな日焼け星人と...

記事を読む

Iさん 水中スクーター持参でのダイビング

サイドマウント プラスα

こんばんは! 竹内です。 本日は、ボート体験ダイビングにご参加のSさん...

記事を読む

本日のゲストダイバー

夏の水中でのひととき

今日も日差したっぷり降り注ぎ、風も波もなく穏やかな絶好のダイビング日和...

記事を読む

アカネハナゴイの群れ

日差したっぷり

こんばんは! 竹内です。 あっという間に8月になり、水温も30℃ほどの...

記事を読む

トリプルスリーのアーチに群生するイソバナ

透視度良好

こんばんは! 竹内です。 この数日、秋から春先がメインとなる下地島周辺...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


  • 2022年8月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑