About

オススメのフィンは??

こんにちは、スタッフのノアです!!

今回の海コラムはそれぞれのフィンの特徴や性能について!!!

大きく分けてフルフットフィンやストラップフィン、色々試したいと思っているものや現在使用されているものがあるかと思います。

新しいフィンを買おうと考えている方、どのタイプにしようか迷っている方、是非参考にしてみてください。

 


ストラップフィンはどんな人にオススメ?


ブーツの上から着用し、かかと部分のストラップでサイズ調節ができるタイプの定番のフィンです。

ドライスーツを着用する冬場のダイビングや、歩いての移動が多くなるビーチダイビングをするときなんかにオススメです。

ドライスーツの時もウエットスーツの時も同じストラップフィンを使おうと考えている方は「ドライスーツの時の方がブーツが大きくなる」という点も注意してご購入してくださいね

 

材質としては「プラスチック」「ラバー(ゴム)」「プラスチックとゴムを混合させたもの」があります。

プラスチック製や混合しているものに関してはデザインがとても豊富です!

ただそこにあまりこだわりがないのであれば、個人的にはラバー製のものをオススメしたいです 😎

プラスチックに比べて価格も効果になるのですが、柔軟性のある材質なのでキックした時のしなりも大きく促進力もいいんですよ~

後はプラスチックよりも重たいので、足元のバランスが安定するというのもオススメしたいポイントのひとつ!

脚力に自信の無い方や女性の方など「重すぎる、、、」と感じる方は混合したタイプもオススメです。

 

実は後ろのストラップの部分にも種類があって、伸縮性のある「金属製スプリング」「ゴム製バンジーコード」なんていうものもあります。サイズ調節の手間が無く、片手で引っ張るだけで脱着が可能で、更に一度装着すると常に足を締め付けられる力が働いて水中で緩むこともありません!!

フィンによってはストラップ単体の別売りも行っているみたいなので、ご自身のフィンをグレードアップさせたり、ストラップが切れてしまった予備として持っておくのもいいかもしれませんね。

 

デメリットとしましてはやはりフィット感でしょうか、、、

ストラップでかかとを抑えているだけなので、水中で脱げそうな違和感を感じる方もいらっしゃいます。

 

 


フルフットフィンはどんな人にオススメ?


 

フィン

 

 

靴のような形状で、かかと部分まで包み込まれることで、足とのフィット感が生まれます。

素足で履くこともできるため、歩いての移動が少ないボートダイビングをする方にオススメです。ですが、フィンずれや生物から足を保護するためにフルフット専用の薄めのブーツや、専用ソックスを着用する方なんかも多くいらっしゃいます。

GULLの「MEWブーツ」には滑りとめ加工もされているため、そういった点でのメリットも◎

ストラップタイプに比べてフィット感が高いため、キックし心地がよく、キック力が効率よく伝わり促進力も高くよく進みます。

購入するときはお店で実際に足を入れて振ってみたり、、、

しっかりフィット感を確かめてから購入するのが、失敗しないコツです!!

ちなみに私は通販で服を買ってよく失敗します(笑)

 

こちらもストラップタイプのように素材があるのですが、多くの方はラバー製のものを使用されています。

これは主観になるのですが、GULLのMEWや、もう一回り大きいSUPERMEWを使用している方が多いように感じます。

 

こちらのデメリットとしては、素足だと岩場などで足をぶつけて怪我をしたり、微生物や危険生物による怪我の危険性も高まること。宮古島のポイントの多くは手狭な洞窟に入ったりもするので、十分気を付けてくださいね。

ビーチダイビングの場合は、フィンに履き替えるときに小さい小石や砂の中に埋まっているガラスの破片が刺さると結構痛いです、、、

 


硬さや長さによる効果は?


ストラップやフルフットとは別に、硬さや長さもフィン選びのときは重視していただきたいポイントです!

この2つのバランスが、皆さんの脚力に合えば促進力も高く疲労感も少ない快適なダイビングが出来る事でしょう。

 

簡単に説明しますと、重たいけどキック数が少なくスピードがでるのは「硬くて、長い」フィン。

軽いけどキック数が多くスピードがあまり出ないのが「短くて、柔らかい」フィンです。

「良い性能」だけでフィンを選んでしまうと、使いこなすことが出来なければ逆にストレスになってしまいます。

「良い性能」よりも自分の脚力や体力に合わせてフィンを選ぶことが大切になってきますよ~!

 

例えば脚力があまりない方が硬くて長いフィンを使っても、重たくて長時間水中にいることが難しいかもしれません。

まずは短くて柔らかいフィンを試してみましょう。

逆に脚力や持久力に自信のある方なら長くてしなりのあるフィンを使うと、その性能を最大限に引き出すことができます!!

パワーや瞬発力がほしい方なんかは短くて硬めなんかがオススメです。

 

 

今回は3点セットにも含まれる「フィン」についてのお伝えしました。

ダイビングスタイルや脚力、体力を考えながらご自身にあったものをみつけてくださいね~!

当ショップではストラップタイプはもちろん、フルフットフィンもレンタルで貸し出しております。

「試してみたい!」と思った方は、ご予約の時に是非お申しつけください!

それでは、素敵な皆さんダイビングライフを~(‘ω’)ノ

 

投稿者:ノア

関連記事

海コラム オクトパス バックアップ空気源

予備の呼吸器は右側?左側?

こんにちは、スタッフのみきです。 今回は器材についての海コラムです。 ...

記事を読む

海コラム ガス管理 残圧計

控えめなダイビングに必要なガス管理とは

こんにちは、スタッフのみきです。 今回はご自身のガス管理についての海コ...

記事を読む

圧力の影響を受ける耳の内部の様子

圧平衡の概念と方法

こんにちは、ノアです! 今回は海コラム!「スクイズ、圧平衡の概念と方法...

記事を読む

no image

ウエット?ドライ?何が違うの?

こんにちは、スタッフのノアです。 今回はウエットスーツ?ドライスーツ?...

記事を読む

新着記事

キビ畑

シーズンオフのいち日

先週から気温20度越えの日々が続き、過ごしやすくなってきました! 但し...

記事を読む

ハマクマノミ

貸切での地形ダイビング

こんばんは! 竹内です。 昨日は久しぶりの晴れ間でのダイビングで、とっ...

記事を読む

下地島ダイビングスポット『中の島チャネル』

ここちよい日差し

こんばんは! 竹内です。 今日は朝から久しぶりの晴れ! オレンジ色の太...

記事を読む

魔王の宮殿

宮古島ダイビングらしい地形へ

こんばんは! 竹内です。 今季沖縄の冬は、この数年に比べ肌寒い陽気が続...

記事を読む

初めての宮古島ダイビング

こんばんは! 竹内です。 昨年同時期と比べると、今季は冬らしい肌寒い日...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


  • 2022年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑