About

宮古島でサイドマウントダイバー講習

サイドマウント講習に参加されてる皆さん

笑顔お届け

一昨日くらいから真夏の陽気に包まれてる宮古島。夏はすぐそこまできているをの肌身に感じます。
さて、今日わたし(たけ)は船の船長兼ガイドではなく、来間島『スモールフィッシュガーデン』(ビーチ)へ来ておりまして、普段ビーチに来る機会がないので、なんかアウェイな感じ・・・
なぜ、ビーチに来ているかというとサイドマウント講習だからです!!
脇にシリンダーをマウント(保持)するダイビングスタイルのサイドマウント、PADIではレジャー向けシリンダー2本をマウントするPADIリクリエーショナル・サイドマウントダイバー・スペシャルティ・コースと通常使用するガス(ボトムガス)以外にデコガス(減圧停止用ガス)用のシリンダー計4本をマウントするTecサイドマウントコースがあります。サンアイランドでは、現在PADIリクリエーショナル・サイドマウントダイバー・スペシャルティ・コースのみ開催しております。

 

 

従来の背中にシリンダーを背負うバックマウントではダメなの!?と、いうことではありません。サイドマウントスタイルのメリットを書き出してみます。

1.シングルバックマウントの際、背中から腰にかけシリンダーの重さを感じますが、それらが軽減できる。

2.BCDやレギュレーターを自分の身体にフィットでき、必要な場所にDリングなど設置することができる。

3.流線型のポジションが取りやすく、水の抵抗感をあまり感じることがない。

4.レギュレーターが身体の前にあるので、トラブルが発生した際も水中で自分で対処できる。

 

ただ、サイドマウントもデメリットがあります。
シリンダー2つあり、ガスマネージメントをする必要があります。
水中・水面でトラブルになり、浮力を確保する為にウエイトをBCDから外すことが困難。

などなどメリット・デメリットあります。
ただし、その対処法などを身に着けご自分の好きなスタイルでレジャーダイビングを楽しむのであれば、サイドマウントスタイルで潜るのはありだと思います。興味がある方、お気軽にお問い合わせください。

サンアイランドでは、自社でエンリッチドエア充填施設を完備しており、サイドマウントには欠かせないアルミシリンダーをはじめ、スチールシリンダー10Lと12Lをご用意できます。ファンダイビングでサイドマウントスタイルで潜られたい方、アルミリシンダーをリクエストしてください。

リピーターのNさん・Rさんの実習は全て順調に進んでます。
サイドマウントをする際に欠かせないのがサイドマウント用のBCD。
サイドマウント用BCD
サイドマウント用のBCDはXDEEP社のものを使用してます。シングルバックマウントのBCDとは外見が違います。

 

お二人の水中の様子をご紹介。

両脇にシリンダー2本をつけ、トリムの練習中。
サイドマウント講習1

 

シリンダーの下部を外し前に持ってくることも容易なサイドマウントスタイル。
サイドマウント講習2

 

オクトパスと兼用してるセカンドステージのホースの長さは2mあるので、お互い干渉することなく泳げます。
サイドマウント講習3

 

明日はボートでスキルに磨きを掛けてきます。Nさん・Rさん、宜しくお願いします!!

 

 

 

本日の海況・ダイビングポイント

天候:晴れ

気温:30℃ 水温:27℃

風向:南東 波の高さ:1m

<1本目:スモールフィッシュガーデン>

 

宮古島 ダイビング:宮古島ダイビングサービス『サンアイランド』 

投稿者:たけ

関連記事

マリンレイク

久しぶりのボートダイビング

  こんにちは。店長の竹内です。 先週、東京へ行っており、宮...

記事を読む

リピーターTさんの300本記念ダイブ

ファンダイビング・講習に記念ダイブ

  こんばんは、店長の竹内です。 この数日、南国・宮古島でも...

記事を読む

カクレクマノミを撮影するHさん

時化のなか

北風強し!! この数日、こんな天気がずっと続き泣きそうなわたしです。 ...

記事を読む

ゴマモンガラ幼魚

到着後のダイビング

昨日に引き続き、今日も朝から穏やかに晴れ渡る宮古島。 こんなコンディシ...

記事を読む

女王の部屋

夏の下地

    昨日から引き続き海峡がとっても良く、水面が...

記事を読む

新着記事

周りの環境にカモフラージュするタツウミヤッコ

生物を見つけるコツ

  こんな広い海の中にあって、捕食対象としてなりやすい弱者、...

記事を読む

一ノ瀬ホール

一ノ瀬ホール

    こんにちは、みきです。青空に飛行機雲や薄く...

記事を読む

水中での流線型に泳ぐダイバー

水中での姿勢と効果的なフィンキック

  前回のコラム【適正ウエイトと浮力調整】で、水中を最小限の...

記事を読む

下地島ダイビングスポット【ミニ通り池】

やっとこさ暖かくなってきた

  南国・沖縄宮古島で4月なのに日々震えていたわたし(爆 身...

記事を読む

浮力調整をしたダイバー

適正ウェイトと浮力調整

  ダイビング器材を用い、水中世界を楽しむ上で必要不可欠な事...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


PAGE TOP ↑