About

みんないい笑顔

今日のゲストさん

笑顔お届け

きこの真っ青なそら下、ゲストの皆さんもついつい笑顔になっちゃいます。いい意味で予想を裏切るこの絶好のダイビング日和。やっぱダイビングは晴れるとついテンションが上がりますねぇ~。昨日、PADIリクリエーショナル・サイドマウントダイバー・スペシャルティ・コースを終了されたNさん・Rさんもファンダイビングに加わり、今日のゲストは全員男子。まるで海賊船よようだわ(笑

 

では、今日の海ネタ!
1本目は、伊良部島の代表的な地形ポイント『クロスホール』へ。
このポイントは、棚をL型に通り抜けられるんですが、縦穴の水底が砂地になっており、ダイバーが入ることによりフィンキックで水底付近を蹴り上げることにより砂が巻き上がり濁ってしまうんです。ですから、このポイントは出来る限り朝一番、まだ他のショップさんが潜る前にきたいポイントなんです。

見てください。
まだ他のショップさんが入る前のこの景色を!!
クロスホール
水が澄み渡り、明暗のコントラスト最高です。光の差し込みはやや弱いもののそこまで気になりません。

実際、ポイント名の由来『クロス』に穴の形が見えるか!?について皆さんの反応は「あれはクロス(十字)』に見えないよ』という意見が圧倒的でした(汗
まぁ、自然が作り出した造形なので、くっきり見える訳ではありませんので、ハイ。

 

 

2本目は『沈船』へ。
伊良部島と宮古島の間にあるポイント。これから夏、風向が南風の時に潜りやすくなります。
レジャーダイビングでは、なかなか沈船ダイビング(レックダイビング)をする機会はありませんが、ここの沈船はカーフェリーで開口部も大きくあまり拘束されるものもないので、船内へ入ることも出来るんです。
沈船

イメージとしては、大きなジャングルジムを出たり・入ったりするようなイメージで沈船内をご案内します。船の周りには、フレンドリーなこの子達が私達の周りをグルグル泳いでくれます。
ツバメウオ
伊良部島・下地島の既存ポイントでは、なかなか姿を見ることがないツバメウオやアカククリたち。大きさも40cmほどあるし、逃げないもで、写真の被写体として写しやすいしですよー。

 

 

3本目は『オーバーハング』へ。
本日最終ダイブなので、オーバーハングの下へは減圧のリスクがあるので行かずオーバーハングの棚の上でカメ探しをしました。
辺りの様子を伺いながら『カメいるかな???』と、見渡して見るもののその姿はなし。orz
目に飛び込んでくるのは、アカネハナゴイの群ればかり。久しぶりにカメに会いたいよ~。

 

 

本日の海況・ダイビングポイント

天候:晴れ

気温:30℃ 水温:26℃

風向:南東 波の高さ1m

<1本目:クロスホール>

<2本目:沈船>

<3本目:オーバーハング>

宮古島 ダイビング:宮古島ダイビングサービス『サンアイランド』 

投稿者:たけ

関連記事

マリンレイク

久しぶりのボートダイビング

  こんにちは。店長の竹内です。 先週、東京へ行っており、宮...

記事を読む

リピーターTさんの300本記念ダイブ

ファンダイビング・講習に記念ダイブ

  こんばんは、店長の竹内です。 この数日、南国・宮古島でも...

記事を読む

カクレクマノミを撮影するHさん

時化のなか

北風強し!! この数日、こんな天気がずっと続き泣きそうなわたしです。 ...

記事を読む

ゴマモンガラ幼魚

到着後のダイビング

昨日に引き続き、今日も朝から穏やかに晴れ渡る宮古島。 こんなコンディシ...

記事を読む

女王の部屋

夏の下地

    昨日から引き続き海峡がとっても良く、水面が...

記事を読む

新着記事

周りの環境にカモフラージュするタツウミヤッコ

生物を見つけるコツ

  こんな広い海の中にあって、捕食対象としてなりやすい弱者、...

記事を読む

一ノ瀬ホール

一ノ瀬ホール

    こんにちは、みきです。青空に飛行機雲や薄く...

記事を読む

水中での流線型に泳ぐダイバー

水中での姿勢と効果的なフィンキック

  前回のコラム【適正ウエイトと浮力調整】で、水中を最小限の...

記事を読む

下地島ダイビングスポット【ミニ通り池】

やっとこさ暖かくなってきた

  南国・沖縄宮古島で4月なのに日々震えていたわたし(爆 身...

記事を読む

浮力調整をしたダイバー

適正ウェイトと浮力調整

  ダイビング器材を用い、水中世界を楽しむ上で必要不可欠な事...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


PAGE TOP ↑